30歳で勃起不全になりました。

claudioscott / Pixabay

32歳男性になったころ
勃起不全(ED)に時折なる時期がありました。
昔から、彼女とのセックスの際に
お酒を飲み過ぎてしまったから勃起不全になってしまったりだとか、
新しい彼女と付き合ってから初めてのセックスの際などの慣れないうちは緊張をしてしまって
そのために勃起不全に一時的になってしまった、ということはよくありました。

しかし、30代に入るまでは
性欲そのものは毎回しっかりありましたし、
1人で行為を行うときには
緊張感などの阻害要因が基本的に無いので
つねに勃起することができていました。

30歳を超えてから、
仕事の責任と仕事の量が増えていき、
家に帰ってからは
疲れ切って、甘いものや脂っこいものなどを
食べてすぐに眠るだけの日々が続きました。

そんな日々が続いたある日
1週間ほどの間、
彼女とのセックスもしていなかったし
1人での行為もしていなかったことに気づきましたが、
その気づいたときには、いわゆる
「溜まっている」感じが全くしなかったのです。
「ああ、そういえばここ1週間忙しくて
なんにもしてなかったなー・・・。」
と、感慨深いような感覚はありましたが、
それだけで、実際には勃起して行為をすることもなく、そのまま1日が過ぎてしまいました。
思えば、この日が勃起不全の始まりの日だったかもしれません。

その後も、彼女と休みの日にデートをしたり
家でまったりすることもありましたが、
昔はとにかくセックスがしたくてたまらなくなっていたのが、
「たまには、スキンシップもしないといけないよな。これもコミュニケーションの一環だし。」と、まるで仕事でもしないといけないかのような気分でセックスをすることが多くなりました。
そういう感情が、知らず識らずのうちに彼女にも伝わってしまっていたのでしょうか、
だんだんとお互いがセックスを始めるようなムードにもならなくなっていきました。

そしてある日、
なんとなく流れでセックスをしようと思ったときに、
全くたたなくなってしまったのです。
別に緊張をするような場面でもなかったし、
お酒を飲んでいた訳でもありません。
結局、今日は疲れているのかもしれないね、ということになりそのまま何もなく眠ることになりました。
とてもショックでした。
しかしもっとショックだったのは、
結局行為に及ぶことができず、しかも自分自身で処理することもないのに
性的に不満を持たないまま、疲れたからといって眠りに就こうとしていた自分自身に対してでした。
勃つ、勃たない以前の問題で、
「俺はまだ30歳なのに、男として完全に終わってしまったのか・・・
もう子供を作ることもできないのだろうか・・・」と、とても落ち込みました。

ここで初めて自分の勃起不全を完全に自覚し、
色々とインターネットサイトで情報を集めて、改善のために色々と試してみました。

自分の場合、食生活の乱れが特にひどかったのが原因だったらしく、
毎晩糖質と脂質の高いものをストレス解消に食べていたのが問題だったようです。
(ちなみに、毎晩ポテトチップスのビッグサイズの袋をまるごとひとつと、板チョコ1本くらいを食べていました)
その後はEDのお薬というサイトを参考に、糖質と脂質の低い、かつタンパク質などの栄養がしっかりした食事を摂ることを意識して行うようになりました。

その甲斐あって、その後
1人ですることがまた増えてきて、
最近では、また彼女とセックスをすることもできてきました。
彼女には結局、勃起不全に関することは直接何も話していません。
しかし、以上のような経緯があったから、彼女も薄々気づいていたのだと思います。
直接言うことは確かに難しいと思います。
まずは、最近体が調子悪いかも?と伝えてみて、体に良いことをお互いが気遣いあってできるようにすれば良いのかなとおもいます。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です